お葬式の準備

突然やってくる大切な方とのお別れ、冷静に考えられる状況ではありません。
ただ、きちんと準備をしておけば「いざ」という時に慌てずに、後悔のないお葬式を迎えることができます。
余裕のあるいまだからこそ考えをまとめて考えておきましょう。

1.宗旨宗派・宗教者の確認

ご自分の宗旨宗派はご存知ですか?また、喪主をする方が把握していますか?
決まったお寺さんなどがいらっしゃる場合には、連絡先も明記しておきましょう。

2.葬儀の種類や葬儀形態

宗旨宗派にのっとった葬儀が基本になりますが、
最近では一日葬や火葬式、無宗教葬など、ご要望に合わせたセレモニーにする事が可能です。
しかし、菩提寺さん(決まったお寺様など)がいらっしゃる場合には、その宗派に従います。

3.葬儀の規模

どこまでの方にお声をかけてお参りに来て頂きますか?
参列者の人数を大まかでも把握することで、スムーズな打合せが行えます。
万が一の際、お声をかける人を把握ししておきます。

4.葬儀社を決めておく

信頼できる葬儀社は事前に探しておきます。
無料の事前相談などで慎重に決めることをお薦めします。
一度しかない事なので、後悔ないように事前の葬儀社と話をしておくことが、
後悔のないお葬式の第一歩です。

5.葬儀代金について

急なことだと冷静に考えることがえきないのがお葬式です。
祭壇やセットコースお料理や返礼品。
宗教者への謝礼など。規模やご要望により金額は大きく変わります。

6.ご安置場所の確定

万が一の際、ご自宅にお帰りになるのか、霊安室を探してもらうのか。
畳二枚分位のスペースがあれば、ご自宅にお帰りになることは可能です。
当社では自社の霊安室の他にも提携先の霊安室もございます。

7.葬儀を取り仕切る 喪主の決める

 故人に一番近い人が葬儀を取り仕切るケースが殆どですが、
喪主が高齢な場合などには他の方に喪主をお願いします。

PAGE TOP