葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れ・手順

① 先ずはお電話下さい

先ずはフリーダイヤルへお電話下さい。
365日24時間営業しております。
・ご逝去場所
・故人名
・お電話をしている方のお名前と連絡先
など、当社で幾つかご質問させて頂きますので、落ち着いてお答えください。

② 故人のお迎え・ご搬送

専用の寝台車で担当のスタッフがお伺いします。
安心してお待ちください。

③ ご安置

ご自宅での安置が難しい方は 当社の提携霊安室へご案内致します。ご安置の後は、宗派に合わせたお参りセットをご用意します。

④ お打合せ

・式場の場所
・日程
・祭壇の種類や葬儀の内容
・おもてなしの種類など
葬儀に関することをお打合せします。
どんな小さなことでも丁寧にお応えさせて頂きます。

⑤ 納棺

宗旨宗派に合わせたお着換えをしてお棺へとご納棺致します。
最後のお風呂と言われている「湯灌」もご希望の方はご案内しております。平服でかまいませんので、皆さんでのお立会いをお願いしております。

⑥ お通夜

葬儀を行う式場にてお通夜を行います。通常は18時〜行い。故人と過ごす最後の夜となります。
宗教者への謝礼は、お通夜の前のご挨拶の時にお渡しする場合が多いです。主教者への挨拶や、謝礼や御布施をお渡しするタイミングは当社のスタッフがご案内しますので、ご安心下さい。

⑦ 通夜振舞い

通夜の読経が終わると通夜振舞いです。
専門の配膳人がいますので、皆様は配膳などの心配はございません。故人を偲び、沢山の想いで話をして頂くことで故人への供養とつながります。

⑧ 葬儀・告別式

通夜の翌日は葬儀・告別式になります。
斎場やお寺様にもよりますが、葬儀の後に初七日法要を営む場合が増えています。親族は開式1時間前にお集り頂きます。それ以外の親族は30分前に集まります。

⑨ お花入れ・出棺の挨拶

葬儀告別式が終わりますと、祭壇のお花をお棺にお入れします。感謝の言葉やお別れの言葉などをかけながらお棺全体にお花をお入れします。

お花入入れが終わると、喪主による皆様へのご挨拶になります。当社では、ご挨拶の例文などもご用意しております。

⑩ 出 棺

火葬場へとご出発致します。喪主様は、お位牌も持ち霊柩車へ乗り込みますそれ以外のご親族はマイクロバスへご乗車致します。

なお、火葬場併設のお式場の場合にはお式場から火葬棟までは徒歩でのご移動となり、マイクロバスなどは必要ありません。

⑪ 火葬・収骨

火葬場に到着すると、担当の火夫さんに案内され、最後の焼香をします。その後、火葬炉へ入り荼毘となります。約1時~2時間で火葬は終了します。火葬場によっては、火葬中精進落としを召し上がります。

火葬が終わりますと、放送が入り収骨となります。

⑫ ご 散 会

収骨が終わると、式場へ戻ります。精進落としとなり散会となります。なお、火葬場から帰ってから初七日の法要を行う事もあります。

その後ご自宅へお帰りになり、仮の祭壇で納骨までご安置します。

PAGE TOP