生活保護の方の葬儀

生活保護受給者の方へ
セレモニーの福祉葬

ご負担なく葬儀を行うことができます。

セレモニーの福祉葬

自己負担 0 円

対象の方は葬祭扶助(生活保護法18条)の制度を利用することで、葬儀(火葬)の費用を自治体から援助してもらい、負担なく葬儀を行うことができます。

申請をお手伝いします

万が一の際、葬祭扶助の申請は担当スタッフがお手伝いさせていただきます。なお、葬祭扶助の適用については事前に自治体の役所にご相談ください。

ご納骨まで対応できます

ご家族で納骨をすることが難しい場合はセレモニーでお遺骨をお預かりし、当社指定の合祀墓へ納骨することも可能です。

対象となる方

・生活保護を受給している方が亡くなられた場合※
・葬儀を行う方が生活保護を受給している場合※

葬祭扶助などの生活保護は、憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」として保障される権利です。葬祭扶助を利用することに負い目を感じるかもしれませんが、私たち一人一人がそれを利用する権利を持ちます。正しく知って正しく利用しましょう。
少しでもご不安な場合は、自治体の福祉課の方にご相談ください。
※一部適用にならない場合がありますので事前に福祉課にお尋ねください。

ご対応が可能な地域

東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の一都三県での葬儀に対応しております。

東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の一都三県で対応
福祉葬(葬祭扶助)の流れ
ご逝去・葬儀社への連絡

弊社フリーダイヤルまでお掛けください。24時間受け付けております。
葬祭扶助の利用を検討している場合、電話にて「葬祭扶助を利用したい」とお伝えください。

     クリックしてフリーダイヤルをかける
およそ30分から1時間後
寝台車でのお迎え・安置先へ搬送

安置施設へご搬送いたします。(専用の安置施設をご紹介いたします。)
このとき、担当ケースワーカーの連絡先をお伺いさせていただきます。

葬儀のお打ち合わせ

ご火葬の日程などのお打ち合わせを行います。
火葬場の予約については、セレモニーで行わせていただきます。

翌日以降
葬祭扶助の申請の手続き

弊社スタッフが行政窓口にて葬祭扶助申請の手続きのお手伝いを行います。
担当ケースワーカーに確認を取りながら行わせていただきます。

ご火葬日までの間
ご納棺・その他処置

ご火葬日までの間にご納棺や、お身体を保全するための処置を行わせていただきます。弊社スタッフが責任をもって行わせていただきます。

ご火葬

一都三県で葬祭扶助をご利用した場合、ご火葬のみの直葬となります。
故人との最後のお別れになります。お棺に入れたい副葬品(お花、お手紙、愛用していた物)などありましたら、ご火葬前にお別れの時間にお入れください。

ご火葬後
ご収骨

骨壺へ収骨を行います。骨壺の費用も葬祭扶助へ含まれておりますのでご安心ください。

葬儀の後
自治体へ費用の請求

セレモニーから自治体に葬儀費用を請求させていただきます。葬儀後に喪主様へ費用を再度請求するといったことは一切ありませんのでご安心ください。

後日
ご納骨(希望があれば)

ご希望がありましたら合祀墓への納骨もご対応可能です。担当スタッフまでご相談ください。

福祉葬の対応範囲

  • ドライアイスドライアイス
  • 安置先への搬送料安置先への搬送
  • 当社安置料当社安置
  • 御棺御棺
  • 手続き代行手続き代行
  • 骨壺費用と納骨ご火葬と納骨

葬祭扶助は生前のご準備をお勧めします。
ご不安な点は電話などでお気軽にお問い合わせください。