死後事務委任契約
身寄りのない方へ生前契約の提案

葬儀の不安を生前契約で

「独り身で、自分がなくなった後の葬儀はどうすればいいのかな?」
「パートナーとは死別して独り暮らし。葬儀・供養とかいろいろ心配。」
「子供がいなくて夫婦二人。認知症になったら・・・」

ご家族のかたちも多様化し、葬儀や供養について不安に思われる方もいます。それぞれの暮らしに合わせた安心をお届けするために、セレモニーでは生前のうちに契約する死後事務委任契約の制度を構築。生前の間に、葬儀や供養について決め実行できるように整えました。

し死後事務委任契約イメージ

死後事務委任契約って何?

当社の死後事務委任契約では次のことを事前に契約します。

・病院などからの安置所までのご搬送
・葬儀の内容
・ご希望の納骨や供養について

ご契約という形をとることで、確かな安心安全をお客様に届けることができます。ご契約内容はご家族によって変更することができます。ご契約によっては費用をあらかじめお預かりすることもできます。

※以下の事務の依頼には、より高度な死後事務委任契約(財産管理契約、身元保証人)が必要です。別途ご紹介させていただくことができます。
・医療費の支払い
・老人ホーム等への施設使用料の支払い
・行政官庁等への届け出

死後事務委任契約の流れ

①電話・お問い合わせ

電話又はお問い合わせフォームより、お問い合わせいただきます。

②ご希望をお伺い

セレモニーの専属スタッフがお客様の葬儀や供養のご希望を詳しくお伺いします。

③契約内容のご提案

お伺いしたお話をもとに、最適な契約内容をご提案します。(状況により死後事務委任契約が必要とならない場合があります。)

④ご契約成立

契約内容に関してご納得していただいた後にご契約成立です。必要がある場合は公正証書にいたします。

⑤万が一の際は

ご契約者様に万が一のことがあった際には、当社がお迎えから葬儀まで責任をもって行います。

⑥納骨までご希望の場合

ご契約内容に納骨が含まれている場合は、ご希望の納骨先に責任をもって納めさせていただきます。

お客様を守る3つの仕組み

お客様により安心してご利用いただくために3つの死後事務委任契約の方法をご提案

1. お客様とセレモニーの1対1のご契約

最も簡単で追加費用なしで死後事務委任契約を結ぶことができます。株式会社セレモニーが葬儀費用を預かることもでき、責任をもって葬儀から納骨まで行います。

2. 司法書士とのご契約

司法書士などと契約し、その司法書士に依頼して死後事務委任契約を自治体の公証役場にて公正証書として作成します。書類の作成やその依頼に費用が発生します。

3. 信託会社にお預入れ

死後事務委任契約を作成し、葬儀費用を信託会社にお預入れします。現代において、最も安全な生前契約です。信託会社からの葬儀費用の引き出しには監督機関の承認が必要であり、お客様の葬儀費用を安心安全にお守りいたします。

選べる埋葬、納骨の仕方

ご希望のお墓への埋葬

ご希望のお墓へセレモニーが責任をもって納骨させていただきます。(※ご希望によって別途費用が発生します。)

海洋散骨

東京湾での海洋散骨が可能です。ご希望の場所がありましたらご相談ください。

合祀墓

入るお墓がない場合は、合祀墓も選ぶことが可能です。お付き合いのあるお寺に納骨させていただきます。

死後事務委任契約についてご相談したい方は
電話又はお問い合わせフォームの無料相談へ